キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 神学/哲学/倫理キリストの現存の経験―クラウス・リーゼンフーバー小著作集VI
商品詳細

キリストの現存の経験―クラウス・リーゼンフーバー小著作集VI[知泉書館]

パウルスショップ価格: 2,860円(税込)
数量:
著者は多くの研究や出版活動により,わが国の学界に多大な貢献をしてきた中世哲学研究の第一人者である。本著作集は日本の文化と社会に深く関わり,説教や講話,文筆活動によって日本の人びとにキリスト教を伝えてきた宗教者の軌跡を集大成したものである。

福音書には復活したイエスが弟子たちに姿を現し,なおも彼らと共にいることを示す物語が描かれている。

弟子たちには最初は分からなかったが,イエスの現存に気づくと,イエスが彼らを探しに来て共にいること,さらに受難の意義とイエスに与えられた「栄光」とのつながりを悟り,しかもこの体験を通してイエスの事実と言葉への理解を授かった。キリストが現存する場とは「心」である。同時にこの「心」は人間の存在の中心的で根源的な場であるとともに,存在を理解し自己を実現するための中核であり,自己を超越する起源でもある。

著者はイエスの現存の多様な姿を考察し,信仰の経験の最も深い根源が,キリストの現存に由来することを明らかにする。成熟した理解と深い信仰に支えられ,生き生きとした言葉の森を散策し,読者は静かな感動を味わうだろう。
巻末の著者へのインタビューは,幼少年期からの学業や修練期について回想されている。日本での宣教を希望し来日してから半世紀,研究や教育,宣教活動など著者の知られざる活動を知るうえで貴重な記録となっている。

●主な目次
第1章 愛(あい)と選択(えらび)
第2章 規範であるキリスト
第3章 心の根底
第4章 神の柔和とやさしさ
第5章 父と子と聖霊
第6章 イエスの目指したこと
第7章 神の顕れであるイエス
第8章 キリストの現存の体験
第9章 沈黙の勧め
第10章 神の喜び ――人間の喜び
第11章 神の名 ――人間の名
第12章 神の似姿
第13章 神をどう語りうるか
第14章 意味への問い ――宗教哲学の根拠づけのために
付録 宣教師としての歩み 
     イエズス会ドイツ管区制作動画「ミッションを語る」より
あとがき


著者:クラウス・リーゼンフーバー
版型:四六判 上製
ページ数:296ページ
ISBN: 978-4-86285-327-1
発行:知泉書館


※お取り寄せ品は出荷までに1〜2週間前後かかる場合もございます。
※配達日のご指定は承ることができません。
※発行元が品切れの場合はキャンセルとなりますのでご了承下さい。
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。