キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 写真集/画集平和の使徒 永井隆のことば
商品詳細

平和の使徒 永井隆のことば[サンパウロ]

パウルスショップ価格: 825円 (税込)
数量:
NHKの朝ドラ「エール」にも登場した永井隆は、結核の透視診断を続けて被ばくし、さらには原子爆弾でも被爆し、放射線を使用することの人道性と非人道性とを我がこととして深く体験した医師であった。本書は、晩年の著作群に残された博士の魂のことばを、博士自身が描いた絵とともに収めたものである。これからの未来を担う小学校高学年以上の子どもたち、中・高生や大人の方々に広くおすすめしたい一冊である。


絵・文:永井 隆
編集:サンパウロ
判型:B6判 並製
ページ数:84ページ
ISBN:978-4-8056-7809-1
発行:サンパウロ


著者略歴 永井隆
1908年 島根県松江市に誕生。
1932年 長崎医科大学(現長崎大学医学部)を卒業し、放射線専門医となる。
1945年 原子爆弾により被爆し、三ツ山で救護活動を行う。
1948年 如己堂に移り住む。
1949年 『長崎の鐘』出版。
1951年 帰天、43歳。

著書
『この子を残して』『ロザリオの鎖』『亡びぬものを』『生命の河』『長崎の鐘』『花咲く丘』『原子雲の下に生きて』『いとし子よ』『如己堂随筆』『乙女峠』『私たちは長崎にいた』『原子爆弾救護報告』『村医』『平和塔』『長崎の花』『原子野録音』『新しき朝』など。

詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。