キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 随筆/評論『こころ』異聞 書かれなかった遺言
商品詳細

『こころ』異聞 書かれなかった遺言[岩波書店 /#18731]

パウルスショップ価格: 2,530円 (税込)
[在庫数 1点]
数量:
日本近代小説の中でも、もっとも読まれている作品『こころ』ではあるが、人によって読み方はまったく異なるだろう。漱石がテキストの中にちりばめた様々なイメージを丹念に拾ってゆくと、思いもかけなかった謎が浮かび上がってくる。これまで誰も気がつかなかった、全く新しいテキストの読み解き。

●目次
小説誕生前夜 / 沈黙する主人公 / 「私」は、いつ語り始めたのか / 邂逅への衝動 /
墓石に刻まれた暗号 / 恐怖と畏怖 / 罪と恋 / 思想家の自信 / 「将来」を感じる / 最初の手紙 /
先生の故郷 / 一点の燈火 / 蟬の予告 / 兄の叱責 / 人生の暗示 / 亡き者からの促し / 記憶を生きる /
花と愛 / 聖なる愛 / 直覚の人 / 自分を破壊しつつ進む者 / 求道者の恋 / 道化の出現 /
取り違えられた覚悟 / 怠惰という裏切り / 黒い光 / 空白の時間 / 生の誇り / 庇護者の誤認


著者:若松英輔
判型:B6判 上製
ページ数:240ページ
ISBN:978-4-00-022967-8
発行:岩波書店
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。