キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 歴史/キリシタン京キリシタン始末 下天と殉教 ※お取り寄せ品
商品詳細

京キリシタン始末 下天と殉教 ※お取り寄せ品[国書刊行会]

パウルスショップ価格: 3,960円 (税込)
数量:
家康が大坂城の豊臣家攻撃(大坂冬の陣)に踏み切った慶長十九年、幕府は禁教令を出しキリシタンを弾圧した。七十歳を超え、天下支配の態勢固めに乗り出した家康にとってキリシタンの動向は気にかかっていた。京の武家に広がりつつある信仰に、外国の勢力が徳川の権力のみならず、やがてはこの国を奪うのではないかという危惧を抱いたのである。
幕府は、元和の弾圧で信者六十人を七条河原で火刑りに処し、キリシタン関連のあらゆる資料を徹底的に隠滅した。
国外に逃れた宣教師たちが残した資料をもとに京都の史跡を訪ね歩き、四百年前の出来事に思いを馳せ、畿内を巡って活動した京(みやこ)キリシタンの人びとが、争乱の世に身を賭して命の尊厳を守り、ひろく世間を震撼させた苦難の軌跡を辿る。

●目次
前章
 (一)大仏前正面通
 (二)三法師守役橋本太兵衛
 (三)長崎二十六聖人の殉教
 (四)太兵衛の縁談
 (五)織田秀信の決断
 (六)太兵衛主家を去る
 (七)桔梗屋寿安
後章
 (八)上京天主堂の建立
 (九)桔梗屋の南海進出
 (十)慶長八年、画期の年
 (十一)メアコのハビアン
 (十二)京キリシタンの人びと(上)
 (十三)京キリシタンの人びと(下)
 (十四)スピーノラとハビアン
 (十五)西ノ京天神通
 (十六)だいうす丁
 (十七)太兵衛柬埔寨へ行く
 (十八)所司代板倉勝重の憂鬱
 (十九)大坂の陣
 (二十)京都大殉教


著者:ますこひろしげ
判型:四六判 上製
ページ数:324ページ
ISBN:978-4-336-06554-4
発行:国書刊行会

※お取り寄せ品は出荷までに1〜2週間前後かかる場合もございます。
※配達日のご指定は承ることができません。
※発行元が品切れの場合はキャンセルとなりますのでご了承下さい。
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。