キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 社会問題/ドキュメンタリー被災地から考える3・11とテレビ
商品詳細

被災地から考える3・11とテレビ[サンパウロ]

パウルスショップ価格: 1,980円(税込)
数量:
あれから5年---。
メディアは、どれほどの情報を人々に発信してたのか、
時に人々は取材される側になり、微妙な温度差を抱きつつも、
情報のキャッチボールを交感する姿を東北大学大学院の
俊英たちが徹底検証し、被災地の変遷を見つめる!

●目次
はじめに
第1章 東日本大震災報道におけるテレビの功罪
      --宮城県山元町の事例から  櫻井みや子
 第1節 報道格差と山元町
 第2節 すれ違うテレビ局と被災者
 第3節 非取材者の期待と失望
 第4節 情報発信する被災者の新たな台頭
 第5節 テレビ報道の光と影

第2章 テレビ報道における福島の表象とその現実
      --福島県浪江町の事例から  佐々木加奈子
 第1節 届かない浪江町の声
 第2節 浪江町避難者はテレビをどう見ているか?
 第3節 伝えられていない福島の現実
 第4節 テレビによる福島の視覚表象
 第5節 福島表象に隠れる避難者達の思い

第3章 被災報道と地域民放テレビ局の役割  三村泰一
 第1節 送り手と受け手の距離
 第2節 2011年のインタビューから
 第3節 福島をめぐる2014年のインタビューから
 第4節 2つの時期とテレビ報道
 第5節 地域とテレビ局

コラム 海外からの視点
 文化的視点から見たジャーナリズムと災害
  --ドイツと日本の3.11報道  フローリアン・マイスナー
 中国メディアの報道および視聴者の反応  曹 君・崔欣楚

第4章 震災と報道を巡るメディア・スタディーズ  志柿浩一郎
 第1節 ポスト3・11の状況とメディア・スタディーズ
 第2節 これまでのディスコース
 第3節 これからのメディア・スタディーズに向けて

第5章 メディアと「被災者」の対話と協働に向けて  坂田邦子
 第1節 メディアによる被災者表象
 第2節 届かない「被災者」の声
 第3節 メディアと〈市民〉
おわりに

編者:坂田邦子、三村泰一
判型:四六判 上製
ページ数:272ページ
ISBN:978-4-8056-7330-0
発行:サンパウロ
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。