キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 天使/聖人エディット・シュタインの道程 真理への献身
商品詳細

エディット・シュタインの道程 真理への献身[知泉書館]

パウルスショップ価格: 3,300円 (税込)
数量:
フッサールのもとで哲学探究の道を歩み始め、現象学、社会思想、人間学、女性論、教育学、神秘思想など、明晰な思考で独自の思想世界を構築したエディット・シュタイン。アウシュヴィッツのガス室で51年の生涯を終え、殉教者としてカトリック教会の聖人の列に加えられた、その人物と思想の全体像が初めて明らかになる。

エディット・シュタイン(1891-1942)は激動のヨーロッパの暗い波乱の時代に、清冽な光を放った。
敬虔なユダヤ教徒の家庭に生まれ、フッサールのもとで哲学探究の道を歩み優れた業績を発表するが、現象学に限界を感じ、現象学的方法によるトマス・アクィナスの研究を展開する。主著『有限なる存在と永遠なる存在』は、中世と現代の思想が対話とともに対峙し、さらに神秘的観想が共振し、独自の思想世界を構築した。しかし2度にわたる教授資格申請論文が不首尾に終わり、ユダヤ人女性の研究者への道は閉ざされた。
シュタインは30歳でカトリックの洗礼を受け、教員生活を送るが、ナチスのユダヤ人迫害により職を奪われる。その後アビラの聖テレサの『自叙伝』に出会い、カルメル会に入会、十字架のヨハネ研究の途上、アウシュヴィッツのガス室で51年の生涯を閉じた。
哲学から霊性、社会思想、人間学、女性論、教育学、神秘思想など、シュタインの多面的な活動は全集27巻に収められ、その類い稀な集中力と明晰な思考に圧倒される。著者はシュタインの生涯と思想を突き動かす一貫した内的動機を〈真理への献身〉として捉え、ハンナ・アレントやシモーヌ・ヴェイユに較べ知られることの少ない彼女の全体像を初めて明らかにする。

●目次
第1章 ユダヤ人の家庭から
第2章 フッサールの弟子
第3章 信仰への歩み
第4章 教育者として生きる
第5章 女性として生きる
第6章 ペルソナ論
第7章 トマスの思想と邂逅
第8章 ナチス迫害下での社会思想の展開
第9章 アビラのテレサとの霊的絆
第10章 十字架のヨハネ解釈
第11章 アウシュヴィッツでの死とキリストへの道行き

著者:須沢かおり
判型:A5判 上製
ページ数:305ページ
ISBN:978-4-86285-188-8
発行:知泉書館
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。