キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 教育イタリア人と母 母性愛・教育者・聖母マリア
商品詳細

イタリア人と母 母性愛・教育者・聖母マリア[サンパウロ]

パウルスショップ価格: 3,456円 (税込)
数量:
本書はイタリアの家庭教育つまり家族観、母親観、子ども観、結婚観を紹介する時にカトリックの信仰と伝統を理解しなければならない。幼児教育においてはモンテッソーリ教育法やフレーベル思想、アガッツィ姉妹の思想、宗教観から見た聖母マリアへの信心と教育法について、参考文献と注を通して案内している。

●目次
第I部  イタリアの母親観を支えるカトリックの伝統
第1章  イタリアにおける伝統的な母親観とその新たな展開
第1節  イタリアの女性論の伝統と変化  
第2節  女性の教育について 
第3節  母親という語義とその役割
第4節  両親の仕事としての育児
第5節  家族観における伝統と新しさの融和
第6節  家族という価値について
イタリアの育児観を支える思想的背景
―結婚準備教育とイタリア法制に注目して―
第1節  家族の相互扶助システムを支えるもの
第2節  結婚準備教育に見る両親の義務と権利
第3節  イタリア法制の見る両親の義務と権利
第4節  イタリアの女性政策の展開
第2部  普遍的な母性原理とイタリアの子ども観の系譜
第3章  イタリアにおけるフレーベル思想の母性原理受容の背景
第1節  フレーベル思想概観―幼児・家庭・母親―
第2節  フレーベル思想の母性原理受容の背景
統一時代の理想の母親像
第4章  アガッツィ法の理想の保育者像
     ―フレーベル思想における母性愛の真の理解者―
教育における母性愛の系譜
アガッツィの主著に見る保育者像
アガッツィ思想の現代的意義
イタリアにおける聖母マリアの教育的存在
     ―範型としてのシンボルの果たす教育的役割―
シンボルの定義
聖母信心のブンセキ
聖母信心に見る土着的な母神信仰
     ―大地の母から聖母マリアへ―
母性図像の連続性―古代ギリシャから日本へ
中世以降の聖母図像―知的な聖母像へ―
聖母聖地巡礼と信仰生活
母性への希求―死への恐怖―
現存と永遠なる価値を結ぶものとしてのシンボル
参考文献一覧


著者:鈴木昌世
判型:A5判並製
ページ数:248ページ
ISBN:978-4-8056-0471-7 C3037
発行:サンパウロ
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。