キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 歴史/キリシタンキリシタンが拓いた日本語文学―多言語多文化交流の淵源
商品詳細

キリシタンが拓いた日本語文学―多言語多文化交流の淵源[明石書店 /#16292]

パウルスショップ価格: 7,020円 (税込)
[在庫数 1点]
数量:
イエズス会を通じて伝来したキリシタン文化を継承し、今日のグローバル化の先駆けとなった多様多彩な交流を初めて総合的に考察する画期的論集―宣教師と信徒が紡ぎ出した日本語文学の源流と展開を探る。

●目次
序論 キリスト教宣教に始まる多言語多文化的交流
第1部 キリシタン時代の日本文化理解(イエズス会の適応主義)
1 聖フランシスコ・ザビエルの日本語学習の決意
2 イエズス会巡察師ヴァリニャーノの「順応」方針の動機と実践  ほか
第2部 日本宣教と日本語による著述(近代のプロテスタントとカトリック)
1 辞書は伝道への架け橋である―メドハーストの辞書編纂をめぐって
2 来日プロテスタント宣教師と「言語」―明治初期津軽の事例から  ほか
第3部 聖なるイメージの伝播(キリスト教の多文化的受容)
1 複製技術時代における宗教画―世界の「サルス・ポプリ・ロマーニ聖母像」をめぐって
2 多様性の中の統一性:愛の性格―カクレキリシタンにおける「神の啓示」の意味  ほか
第4部 朝鮮半島宣教とハングルによる著述(日本との比較)
1 ハングルによるカトリックの書物―一八世紀から一九四五年までの概観
2 外国人宣教師の半島伝道と著述活動  ほか

著者:郭 南燕
判型:A5判 上製
ページ数:414ページ
ISBN:978-4-7503-4557-4
発行:明石書店
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。