キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 歴史/キリシタン浦上の原爆の語り 永井隆からローマ教皇へ
商品詳細

浦上の原爆の語り 永井隆からローマ教皇へ[未来社]

パウルスショップ価格: 2,700円 (税込)
数量:
失われたものの痕跡を辿る旅
長崎・浦上に投下された原爆は、はたして戦後どのように捉えられ、語られてきたのか。戦後70年のいま、実証的に明らかにすることで見えてきたものはなにか。
「浦上のカトリック教徒が、この70年間、どのように原爆を語ってきたのかを辿ることは、吹き荒れた暴力のあとで、どのように人びとが生きる意味を見出してきたかの軌跡でもある。」(本文より)

●目次
第1章 歴史の語りを繙く
第2章 浦上と永井隆
第3章 焦点化する永井隆
第4章 永井隆からローマ教皇へ 純心女子学園をめぐる原爆の語り
第5章 浦上の原爆の語り
結び

著著:四條知恵
判型:四六判 並製
ページ数:234ページ
ISBN:978-4-624-41101-5
発行:未来社
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。