キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 司祭・修道者の関連本「今を生きる」そのために 苦しみ、悩み、怖れ、無関心からの脱却 ※お取り寄せ品
商品詳細

「今を生きる」そのために 苦しみ、悩み、怖れ、無関心からの脱却 ※お取り寄せ品[扶桑社]

パウルスショップ価格: 1,650円(税込)
数量:
コロナ禍に覆われ、多くの人々の暮らしに大きな影響が及んでいます。今、私たちは「生きる」ということをどのように考えていけばいいのか。神父として、悩み苦しむ人と向き合い続けてきた著者の、ときにやさしく、ときに厳しい言葉は、私たちに大きなエールを送ってくれます!

●目次
プロローグ
1. 家庭、家族の力を取り戻す
2. 新たな価値に目覚める
3. もうこれ以上悩まない 〜苦しみに意味を見いだす〜
4. 死と向き合う、死を想う
5. 幸せを感じる力を強くする
6. ことばは「光」にも「いのち」にもなる
7. 共感する力を育てる 〜孤独に蝕まれる社会にあって〜
エピローグ 「コロナ禍の今を生きるために」


著者:森一弘
判型:四六判 並製
ページ数:208ページ
ISBN:978-4-594-08656-5
発行:扶桑社


著者略歴:森一弘
1938年、横浜に生まれる。
1967年、司祭叙階。
1985年、カトリック東京大司教区補佐司教として叙階。
2000年、同、退任。(財)真生会館理事長。
現在は講演と執筆活動に専念。作家・五木寛之氏との共著『神の発見』(学研)のほか『教皇フランシスコの「いのちの言葉」』(扶桑社)、『心の闇を乗り越えて』(オリエンス宗教研究所)、『キリスト教入門Q&A』(教友社)、『教皇フランシスコ―教会の変革と現代世界への挑戦』(サンパウロ)など著書多数。


※お取り寄せ品は出荷までに1〜2週間前後かかる場合もございます。
※配達日のご指定は承ることができません。
※発行元が品切れの場合はキャンセルとなりますのでご了承下さい。
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。