キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
商品詳細

苦しみの福音[サンパウロ]

パウルスショップ価格: 1,080円 (税込)
数量:
なぜ人間は苦しまなければならないのか(時に理不尽としか思えない苦しみに)。
この問いに人はまだ答えを出せずにいる。
キリストの苦しみを取り除くことはなさらなかった。
むしろ、十字架の苦しみをみずから担われることによって、苦しみに救いの意味
をお与えになった。
だから信じる人にとって「苦しみ」は「福音(=よい知らせ)」となった。
本書は、前教皇ヨハネ・パウロ2世が記した、苦しみのキリスト教的意味につい
ての教書
『サルヴィフィチ・ドローリス』の刺激を受け記された。
著者は、まず旧約聖書の中に苦しみの意味を問う。
そして、キリストの生涯を見つめることにより、苦しみの「建設的」意味を浮き
彫りにする。
さらに、みずからの苦しみとどう向き合うか、他者の苦しみにどのようにかかわ
るかを模索していく。

【著者紹介】
1935年生まれ。カトリック司祭。
カナダのモントリオール大学大学院、ローマの聖トマス大学大学院で哲学・神学
を深め、
現在、長崎純心大学・大学院教授。
著書は『ヨブ記を読む』『人間のいのちの尊厳』『悔いのない人生を』『心の哲
学』
『十字架上のキリストのことば』など、多数。
詳細情報/補足情報
著者:山内清海
判型:B6判並製
ページ:160頁
ISBN:978-4-8056-2612-2
発行:サンパウロ