キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 神学/哲学/倫理神の三位一体が人権を生んだ -現代思想としての古代・中世哲学- ※お取り寄せ品
商品詳細

神の三位一体が人権を生んだ -現代思想としての古代・中世哲学- ※お取り寄せ品[春秋社]

パウルスショップ価格: 3,024円 (税込)
数量:
人権思想の始原はどこか。市民の徳とはどういうものか。三位一体や神の存在証明、無知の知や普遍論争など、キリスト教神学と、ソクラテス、ストア派、アンセルムス、トマス、スコトゥスらの哲学をたどり、近代が隠蔽した古代・中世からつづく思想の地下水脈を明らかにする。


著者:八木 雄二
判型:四六判 上製
ページ数:256ページ
ISBN:978-4-393-32231-4
発行:春秋社

※お取り寄せ品は出荷までに1〜2週間前後かかる場合もございます。
※配達日のご指定は承ることができません。
※発行元が品切れの場合はキャンセルとなりますのでご了承下さい。
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。