キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 歴史/キリシタンキリスト教は女性をどう見てきたか  原始教会から現代まで
商品詳細

キリスト教は女性をどう見てきたか  原始教会から現代まで[教文館]

パウルスショップ価格: 2,268円 (税込)
数量:
初期教会で活躍した女性使徒や女性預言者はどこに消えたのか?
マリア崇敬はいつどのようにして始まったのか?
魔女狩りはなぜ行われたのか?
避妊や堕胎、離婚の可否、聖職者の独身制や女性の叙階など、今日的な課題への具体的な提言にまで踏み込んだ画期的なキリスト教女性史。

●もくじ
緒言
第1章 原始キリスト教における女性
1 一つの歴史─女性たちについても
2 イエス─女性たちの友
3 ユダヤ人キリスト教のイエス運動における女性たち
4 いかなる家父長的な位階制もなく
5 暫定的な組織
6 使徒そして預言者としての女性
第2章 初期の教会における女性
1 パウロの場合の女性使徒と女性預言者
2 女性の位置をめぐる争い
3 グノーシス─女性たちにとっての一つのチャンス
4 歴史の敗者─女性たち
5 再発見すること─女性殉教者─女性預言者─女性教師
6 女性たちにとってのもう一つの生き方
7 さまざまな陰の側面
8 キリスト教による女性の開放?
9 今日の論拠としての伝統
第3章 中世の教会における女性
1 アウグスティヌス─原罪がセクシュアリティを堕落させること
2 性道徳の厳格主義
3 宗教間にまたがる問題
4 独身男性たちの教会と結婚の禁止
5 トマス・アクィナス─女性─欠如した何か
6 家族、政治、経済における女性
7 教会における女性の撃退
8 疑われる神秘主義
9 マリアへの崇敬の飛躍的な発展
10 エキュメニカル(超教派的)なマリア像?
第4章 宗教改革時代における女性
1 ルターの改革の根本的な衝撃
2 女性が置かれた状態の変化
3 男性と女性の共同
4 相変わらずの家父長的な社会構造
5 カルヴィニズムとアングリカニズムにおける女性
6 「教派」における解放?
7 魔女としての女性たち
8 魔女狩りの責任は誰にあるのか
9 魔女狩りの理由
第5章 近代そして近代以降における女性
1 哲学的な革命と女性
2 政治的な革命と女性
3 産業革命と女性
4 教会は女性の解放を阻止したのか、それとも促進したのか?
5 近代カトリシズムにおける状況
6 近代プロテスタンティズムにおける状況
7 近代以降の世界情勢への移り行き
8 フェミニスト運動
9 教会への批判的な問い
10 将来の教会─自由・平等・兄弟姉妹の共同体
11 具体的な改革の要求
12 あきらめてはならない!
訳者あとがき
人名索引

著者:H.キュンク
訳者:矢内義顕
判型:四六判 並製
ページ数:196ページ
ISBN:978-4-7642-6723-7
発行:教文館
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。