キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 神学/哲学/倫理人格主義生命倫理学 死にゆく者、生まれてくる者、医職の尊厳の尊重に向けて 
商品詳細

人格主義生命倫理学 死にゆく者、生まれてくる者、医職の尊厳の尊重に向けて [創文社]

パウルスショップ価格: 2,160円 (税込)
数量:
本書は、ヒポクラテスの医の倫理に起源を持ち、ヴァチカンが主導してきた人格主義生命倫理学の立場から、欧米および日本など先進諸国における終末期医療と生物医学研究をめぐる議論を取り上げ、それを規制する法律、そしてその背景となる倫理思想を概観する。欧州大陸諸国が優生学への反省から人格の尊厳を最高原理とするのに対し、個人主義・実利主義の優勢な英米圏や日本では研究の自由を優先し、不妊治療で発生した余剰胚の実験利用が現実に行なわれている事実を指摘、安楽死判決も含めて、これらの国の法規制に人間の命を選別する優生思想が存在することを深い危惧をもって論じる。

●目次
第1部 終末期医療をめぐる人格主義生命倫理学の展開―医学倫理に立脚した法形成への取り組み(問題提起―終末期医療をめぐる日本の議論の現状/ 二つの生命倫理学―ヒポクラテスの医の倫理の排斥と再評価/ 個人主義生命倫理学の対応―尊厳死、安楽死の合法化/ 人格主義生命倫理学の対応―“n´e accanimento,n´e eutanasia”/ まとめと展望)
第2部 ヒト胚研究をめぐる人格主義生命倫理学の展開―医学倫理から生物医学研究倫理(生命倫理)、そして生物医学研究法(生命法)へ(問題提起―日本の生物医学研究規制の現状/ 人格主義生命倫理学の対応―ヒト胚の尊厳と人権の保護/ ヒト胚の地位をめぐる議論/ 生殖技術の規制―生殖の尊厳、生まれてくる子どもの尊厳/ まとめと展望)

著者:稲葉悦子
判型:B6判 上製
ページ数:178ページ
ISBN:978-4-423-30133-3
発行:創文社
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。