キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 黙想/いやし/霊性ニューマン枢機卿の黙想と祈り
商品詳細

ニューマン枢機卿の黙想と祈り[知泉書館]

パウルスショップ価格: 3,780円 (税込)
数量:
枢機卿ジョン・ヘンリ・ニューマン(1801-1890)は、英国教会からローマ・カトリック教会に転じた聖職者で、近代ヨーロッパの精神史に大きな影響を与えてきた宗教的指導者である。本書は聖書と教父という霊的源泉から汲み取った客観的な黙想である。この黙想は、ニューマン自信のあたたかい人間理解と深くするどい洞察、そして豊かな想像力に富んだものである。その祈りはニューマン自信の被造物たることの深い認識と罪びととしての自覚、創造主に対するまったき依存と摂理への全面的な信頼に貫かれている彼自身の魂の叫びである。己の死を自覚し、弱さを深く経験し、数々の挫折と苦難をへて発するものの叫びであり祈りである。本書に散りばめられた珠玉の言葉の数々は、信仰者ばかりでなく、信仰をもたない人びとにとっても深く内面世界に浸潤するに違いない。信仰の源泉で発せられる祈りと黙想の純粋で親密な信仰者息づかいが、達意な訳文により見事に表現されている貴重な一冊。

●目次
第1部 キリスト者の信条についての黙想と祈り(神に希望を置く―創造主/ 神に希望を置く―贖い主/ 神と霊魂/ 罪 ほか)
第2部 マリアについての黙想と祈り(マリアの月である五月/ マリアの無原罪の宿りについて/ マリアに対する祈り)

訳者:長倉禮子
判型:四六判
頁数:250ページ
ISBN:978-4-86285-163-5
発行:知泉書館
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。