キリスト教の書籍、聖品、用品などのインターネット通販サイト
ホーム書籍・雑誌 > 教育キリスト教学校が東日本大震災から学ぶこと
商品詳細

キリスト教学校が東日本大震災から学ぶこと[ドン・ボスコ社]

パウルスショップ価格: 324円 (税込)
数量:
2011年・2012年に開催された、キリスト教学校教育懇談会主催の講演会・シンポジウムの記録誌。東日本大震災によって、心の痛みを抱えた多くの方々と寄り添いつづけるために、グリーフ・ケアとは何か、ボランティア活動でできることは何かを、5名の先生方が語り、キリスト教学校が大切にしていることを伝えます。

●目次
はじめに=河合 恒男(日本カトリック学校連合会理事長)
東日本大震災を受けて 祈りをともに
〈小学校版〉
〈中学・高等学校版〉
悲嘆の理解=柏木哲夫(金城学院学院長・金城学院大学学長)
神はどこにおられるのか=高木慶子(上智大学特任教授・上智大学グリーフケア研究所所長)
被災された方々と上手く関われない!=島名恭子(捜真女学校中学部高等学部 生徒活動担当)
教育としての被災地支援=伊藤 悟(青山学院大学 宗教部長)
被災校が行ったボランティア=土倉 相(仙台白百合学園中学・高等学校 教頭)

判型:A6判並製
ページ数:127ページ
ISBN:978-4-88626-552-4 C0016
発行:ドン・ボスコ社
詳細情報/補足情報
内容について:本ページにて、内容紹介、目次、収録内容等をご案内しておりますが、記載の無い商品や更に詳細な内容をお知りになりたい場合、内容に関するご意見・感想、商品の発行予定等につきましては、各出版社・メーカーに直接お問い合わせをお願い致します。
重要事項:お客様のご都合による書籍の返品はできません。書籍の乱丁・落丁につきましては、出版社・メーカーに直接お問合せください。乱丁、落丁の場合には、出版社とお客様との間で直接交換となります。書籍の奥付に問い合わせ先が記載されておりますので、ご参照ください。